祈り、懺悔

4月になりました

こちら西新橋のオフィス街でも
アスファルトの小さな割れ目にタンポポが咲いているのを見つけました。

先日の大震災
テレビで放送される被災地の映像には心が痛みました
大津波はおかまいなしに何もかも抱え込んで流してしまい
高い防波堤もコンクリートの建物も倒れてしまっています。
でも、そんな中でも木は立っていました。
植物の力強さには驚かされます。

産まれたままの姿で生きて行けないのは人間だけですよね
地球上で一番弱い生き物の人間が思い通りにしようとしても
自然の力には到底かなわないという事を思い知らされた気がします。



電気のない生活は出来ないし、流れてくる電気の種類を選ぶ事も出来ないけれど

便利で快適な生活のために犠牲にしているものは何か?
それは、バランスがとれているものなのか?
他に選択肢は無いのか?
っと言う事をもっと考えるべきだと思いました。

今まで無関心だった事を反省して
今、原子力について勉強しています。
d0118165_11343964.jpg



ブルックナーの交響曲7番8番は
壮大な宇宙、祈り、懺悔 を感じます

もしも、神様がいるとしたら
今の地球の状態は"想定内”なのでしょうか?



震災で恐ろしい思いをされ、今も大変な状況の中に暮らしている
被災地の方々が一日でも早く安心できる状態になりますように
[PR]
by lagrandeterre | 2011-04-04 20:43 | 最近の私
<< きれいだった~ 叱られた子供のよう >>