<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

玉三聾 オス 推定年齢1歳

お彼岸に入り 急に涼しくなりました
あんなに激しかった暑さも 終わりと思うと寂しく感じます。

夏の盛りだった8月初めから
またまた猫を預かる事になりました
2ヶ月近くも報告が遅れたのは
一言でいうと『大変だった』からです

新入りのこの猫は名前を玉三聾といい その名の通り聾猫です
耳が聞こえないのと動作がぎこちなく病院では小脳形成不全と言われました
普通の猫と違い何がそんなに大変だったのかというと 夜鳴きです。
深夜1時頃からはじまり3時ごろにピークをむかえ早朝6時ごろにおさまります

自分の声が聞こえないせいか普段の状態でもビックリするような大声です
夜になると動物園の檻の中で行ったり来たりしているトラのように
部屋中を忙しく歩き回り夜鳴きがはじまります
ニャゴーン ニャゴーンっと全力で泣き叫ぶのです
ピーク時は5分と休まずです

これではとても近所迷惑ですし
たま(玉三聾)が何かを主張しているようで
それが何なのか理解したいと
毎日あれこれ試行錯誤している状態でした

それが、どうした事でしょう
ここ3日ほど急に大人しくなったのです
それでも夜中2~3回は起こされていますが
今までのように鳴き続ける事は無く
ひとしきり鳴いたら最後にニャオン?っと疑問形の発音で終わります(笑)
そして、朝 目覚ましで起きるときには
れいちゃんとにいなに加わりたまもベッドで寝ているのです。
今までは、部屋の隅に立てかけてある鏡の裏だったり、ベッドの下だったり、段ボール箱で作ったたまのお部屋でひっくり返って寝ていたのに、ベッドの上でまあるくなって寝ているのです。
何が原因だったのかは分からずじまいですが
ここでの生活に少し慣れてくれたようで
ひとまず、よかったっと一安心です。

d0118165_18541635.jpg


ひっくり返って寝ている様子
眠りは深くなかなか起きません

もっとカワイイ写真をのせたいのですが
起きている時は上手く撮らせてくれません
[PR]
by lagrandeterre | 2012-09-26 18:54 | 出会い